一燈国際特許事務所 ITTO INTERNATIONAL PATENT OFFICE 所長弁理士 橘和之
お問い合わせフォームはこちら
サービスメニューセミナー情報DVD・書籍紹介事務所案内採用情報コラムリンク
トップ > サービスメニュー

もやもや特許出願®

発明内容をヒアリングし、明細書にまとめて出願します。出願後は、審査請求、拒絶理由通知に対する応答、特許料の納付などの手続を必要に応じて行います。単に手続を代行するだけでなく、発明のブラッシュアップ、発明発掘、特許マップを活用した戦略的出願など様々なご要望にもお応えします。

実用新案

実用新案は特許と違い、特許庁の審査を受けずに登録されます。従って、基本的に手続は出願のみで(登録料も同時に納付します)、考案内容をヒアリングし、明細書にまとめて出願します。特許の場合と同様、アイデアのブラッシュアップや戦略的出願など様々なご要望にお応えします。

意匠出願

デザインの特徴をヒアリングし、必要な図面や写真を作成して出願します。製品の中の特徴的な部分だけを指定して登録を受けることも可能です。場合によっては、デザインの特徴を願書に記載して出願します。出願後は、拒絶理由通知に対する応答、登録料の納付などの手続を必要に応じて行います。

商標出願

登録したい商標と、それを使用する予定の商品またはサービス等をヒアリングし、願書を作成して出願します。その際、適切な権利を確保できるよう、お客様の業務について望ましい商品・役務を提案いたします。出願後は、拒絶理由通知に対する応答、登録料の納付などの手続を必要に応じて行います。

特許調査

特許の可能性を検討する先行技術調査、他社特許の侵害の有無を調べる特許侵害調査、他社特許を無効にするために必要な公開特許公報を探す無効資料調査、出願戦略の策定に必要な特許情報を収集する戦略予備調査などを行います。戦略予備調査は、特許マップの作成とセットでも行っています。

商標調査

先行登録商標の存在を調べ、登録の可能性および商標権侵害の可能性を検討します。調査をしてから商標出願することにより、拒絶理由が通知される確率を低く抑えることが可能となります。また、商標権侵害の恐れがあることが判明したときは、対処方法についてアドバイスいたします。

外国特許出願

外国での特許取得に必要な手続を行います。日本出願がある場合はその翻訳文を作成して出願します。日本出願がない場合は、発明内容をヒアリングし、外国用の明細書にまとめて出願します。何れの場合も出願後は、審査請求、拒絶理由通知に対する応答、特許料の納付などの手続を必要に応じて行います。

外国商標出願

外国での商標登録に必要な手続を行います。希望する各国に対して個別に出願して登録する方法と、条約の手続に従い一括して国際登録する方法とがあります。それぞれに一長一短がありますから、どちらが良いかはケースバイケースです。お客様のケースに応じて適切な方法をご提案します。

知財コンサルティング

主に中堅・中小企業、ベンチャー企業のお客様に対し、知財人材の育成、社内体制の整備、発明発掘、特許マップによる出願戦略支援などのコンサルティングサービスを行っています。数百社に上るお客様と様々な局面でお取引させていただいてきた実績とノウハウを駆使して行います。

特許・商標・ノウハウ診断

貴社の大切な知的財産(技術、ブランド、ノウハウ)はきちんと守れていますか。知財を?特許や商標?という権利で守るには、権利の中身が大切です。また、特許を取らずにノウハウとして守る場合には、その管理の仕方や契約の内容が企業にとっての生命線となります。

その他のサービス

主に中堅・中小企業、ベンチャー企業のお客様、知財部や知財担当者が社内に設置されていない企業のお客様を対象として、お客様にお役立ちの支援を行います。特許庁による先行技術無料調査を利用した出願戦略支援、社内での知財管理を容易にする出願書類ファイリングなど。


Copyright (C) 2006-2007 ITTO INTERNATIONAL PATENT OFFICE All Rights Reserved.