一燈国際特許事務所 ITTO INTERNATIONAL PATENT OFFICE 所長弁理士 橘和之
お問い合わせフォームはこちら
サービスメニューセミナー情報DVD・書籍紹介事務所案内採用情報コラムリンク

コラム

トップ > コラム > 人間の想像力

コラム

人間の想像力  2010.10.27

人間は毎日、想像力をもって色んなことを考える。この想像力は、万物の霊長たる人間にのみ与えられた特有の能力だ。同じ霊長類で人間に最も近いとされるチンパンジーでさえ、想像力は持たないのだそうだ。

人は、この特有の能力を正しく活かすことができれば、必ず幸せになれる。つまり、創造的で積極的な良い想像力を常に働かせていれば、人は幸せになれるのである。心に思った良いことは波動として伝播し、その波動に共鳴する良いものを自分の周りに引き寄せるからだ。

そうは言っても、今置かれた立場がとてもつらいものであると、どうしても思考がマイナスの方に振れてしまう。つい悩んだり、妬んだり、悔やんだり、怒ったり、絶望したりしてしまう。こんなふうに消極的な思考に陥ってしまうのも、悲しいかな人間が持つ想像力の成せる業である。

しかし、積極思考と消極思考はコインの表と裏の関係とも言える。同じコインであるなら、表の方を積極的に見るようにしたい。人間は感情の動物だから裏の方を意識してしまうこともあるだろうが、いつまでもその消極的な思考に捉われることがないようにしたい。
絶えず心の中に描かれている想像力というものを積極的なものの方に働かせるようにコントロールすることは、強い意志があればできるはずだ。それができれば、心も体も健康になれる。

もちろん、私もそのことが常にできているわけではないが、できるだけ注意を払うように意識はしている。それが功を奏しているのかどうかは定かでないが、最近はあまり大きな風邪をひくことがなくなってきた。昔は娘が風邪をひくと必ずうつっていたものだが、最近は娘が風邪をひいてもうつることがない。娘の風邪が妻にうつって家中で咳をしていても、私にはなかなかうつらない。
  「お父さん、最近は風邪をあまりひかなくなったね。」
と娘から言われると、
  「風邪をひかない不死身の体を手に入れたんだ。ハッハッハ!」
などとうそぶいているが、実は、“自分は風邪をひくことなどあり得ないのだ”という積極的な想像力を手に入れることができたのかもしれない。




Copyright (C) 2006-2007 ITTO INTERNATIONAL PATENT OFFICE All Rights Reserved.