一燈国際特許事務所 ITTO INTERNATIONAL PATENT OFFICE 所長弁理士 橘和之
お問い合わせフォームはこちら
サービスメニューセミナー情報DVD・書籍紹介事務所案内採用情報コラムリンク

コラム

トップ > コラム > 失って初めて分かる有難さ25

コラム

失って初めて分かる有難さ25  2010.07.28

最近、「死ぬときに後悔すること25」という本が売れているらしい。著者によれば、殆どの人は死を前にすると何かしら後悔をするという。例えば、
 ・ 会いたい人に会っておかなかったこと
 ・ 自分のやりたいことをやらなかったこと
 ・ 愛する人に「ありがとう」と伝えなかったこと
といったことだ。確かにこれらのことを死ぬまでにやっておかないと、何か私も後悔しそうな気がする。

ところで、後悔と言えば、大切なものを突然失ってしまったために、やりたくてもできなくなってしまうといった後悔もある。よく「失って初めて分かる有難さ」というが、普段はいつも身近にあって当たり前のように感じていることでも、いざ失ってみるとその有難さが身に染みてくるということがある。これなんかも、“もっとこうしておけばよかった”という後悔に繋がることになる。

いざ失って後悔することがないように、本に倣って「失って分かる有難さ25」というリストを作ってみた。両親、家族、従業員、お客様、友人、健康などなど。
リストを作っただけだが、考えているうちに色々な事柄の有難さを改めて感じることができた。この「有難い」という気持ちをいつも忘れずに感謝の気持ちをもって生きていけたら、自分にとって大切なものを突然失ったときでも、また、自分がいよいよ最期を迎えるときでも、きっと後悔することはないのだろう。




Copyright (C) 2006-2007 ITTO INTERNATIONAL PATENT OFFICE All Rights Reserved.