一燈国際特許事務所 ITTO INTERNATIONAL PATENT OFFICE 所長弁理士 橘和之
お問い合わせフォームはこちら
サービスメニューセミナー情報DVD・書籍紹介事務所案内採用情報コラムリンク

コラム

トップ > コラム > 忘れていた青い空

コラム

忘れていた青い空  2010.05.27

 「頭の中に青い空を描いてください。そして、その空のずっとずっと先の向こうを見つめるような感じをイメージしてください。」――そう言われて青い空を頭の中に描こうとしたら、うまくできない自分がいた。考えてみると、ここ何年かの間、空をまともに見たことがないような気がする。もちろん、何となくは目に入っているのだが、意識しては空を見ていないのだ。
 いつも私が見ているのは、パソコンの画面と書類ばかり。打ち合わせのために外出することもあるが、その際に注意して見るのは、訪問先までの経路上にある案内表示や信号、目印となる建物といったものばかりである。目線をすぐ上に向ければそこに空があるというのに、空なんか全く見ていない。
 最近まともに空を見ていないことに気が付いて、ちょっと意識して見るようにしてみた。そうしたら、そこにあるのが当たり前で意識もしていなかった空が、とても美しく見えた。空のなんと広いことか、なんと青いことか。空が青いことに気が付くと、木々の緑の美しさも目に飛び込んでくるようになった。日の光の暖かさも感じるようになった。
 東京の都会の中で生活をしていると忘れがちになるのだが、人間というものは本来、自然の中で生きる動物である。自然から切り離して「生」というものはあり得ない。意識が仕事ばかりに向いていた私も、自然と向き合う人間らしい気持ちを少し取り戻して、わずかではあるが活力を得ることができたような気がする。


Copyright (C) 2006-2007 ITTO INTERNATIONAL PATENT OFFICE All Rights Reserved.