一燈国際特許事務所 ITTO INTERNATIONAL PATENT OFFICE 所長弁理士 橘和之
お問い合わせフォームはこちら
サービスメニューセミナー情報DVD・書籍紹介事務所案内採用情報コラムリンク

特許調査

■一燈が行う特許調査の特徴



■先行技術調査
出願対象の発明に関する特許の可能性を調べるものです。
原則として、日本の公開特許公報(実用新案公報を含む)を対象として調査し、出願対象の発明に近い内容が記載された公開特許公報を抽出します。
ご要望に応じて、海外の公開特許公報まで調査範囲を広げることが可能です。
当所が作成する調査報告書は、抽出された公開特許公報を単にリストアップするだけでなく、出願対象の発明についての新規性・進歩性に関する見解まで示します。
また、調査結果を受けてどのように対応したら良いか等のコメントも付けてありますので、「次の一手」まで分かりやすい内容になっています。
■特許侵害調査
自社製品が他社特許を侵害しないかどうか調べるものです。
原則として、日本の特許公報(実用新案公報を含む)を対象として調査し、自社製品に近い内容が記載された特許公報を抽出します。 ご要望に応じて、海外の特許公報まで調査範囲を広げることが可能です。
当所が作成する調査報告書は、抽出された特許公報を単にリストアップするだけでなく、自社製品の抵触可能性に関する見解まで示します。また、調査結果を受けてどのように対応したら良いか等のコメントも付けてありますので、「次の一手」まで分かりやすい内容になっています。
■無効資料調査
他社特許を無効にするために必要な公開特許公報を探すものです。
原則として、日本の公開特許公報(実用新案公報を含む)を対象として調査し、他社特許に近い内容が記載された公開特許公報を抽出します。
ご要望に応じて、海外の公開特許公報まで調査範囲を広げることが可能です。
当所が作成する調査報告書は、抽出された公開特許公報を単にリストアップするだけでなく、他社製品の無効化の可能性に関する見解まで示します。
また、調査結果を受けてどのように対応したら良いか等のコメントも付けてありますので、「次の一手」まで分かりやすい内容になっています。
■戦略策定用の予備調査
出願戦略を策定するに当たり、特許マップを作成するのに必要な予備調査です。
自社あるいは他社の出願動向の監視、技術開発動向の評価、市場のニーズ探索、新技術開発のシーズ探索、強い特許を取得するために必要な明細書の内容検討など、様々な出願戦略を策定するのに有用な公開特許公報の調査を行います。
通常は特許マップの作成とセットで承りますが、予備調査だけをご希望のお客様にも対応可能です。
特許マップの作成および出願戦略の策定は企業の知財部において行われることが多いですが、その際に弁理士も関わっていれば、その過程で創出される発明の特許出願を弁理士に依頼して行うことが極めてスムーズにできます。
特許マップの作成、出願戦略の策定および発明の創出の段階から弁理士が関わることにより、お客様は弁理士に対して出願依頼時に発明の内容を改めて詳細に説明する必要がなく、弁理士も発明の内容をよく理解できているからです。
弁理士は出願戦略を反映した内容となるように特許明細書を作成しますから、作成される特許明細書の質も向上するはずです。
問い合わせをする→

関連情報

Copyright (C) 2006-2007 ITTO INTERNATIONAL PATENT OFFICE All Rights Reserved.